AGAのタイプと治療法の違いについて


AGAには様々なタイプが存在し治療法も異なってくる

現在、日本の成人男性が悩んでいる「薄毛の悩み」の原因としてAGAという病気が存在していますが、この病気には原因や細かい症状によって幾つかのタイプが存在しています。

タイプによって主な原因が違ってくる為、それぞれのタイプに適した治療を行う事が重要となり、治療法もタイプに合わせて複数存在しているのです。

その為、AGAの治療をこれから受ける事になった際には、自分がどんなタイプのAGAなのかをきちんと知り、その上で適切な治療法で治療してもらう事が必要となります。

では、これから「AGAのタイプと治療法の一例」について、詳しく説明をしていく事にします。

AGAのタイプの治療法の一例

現在、AGAのタイプは全部で3種類に分類されており、それに合わせて治療法も各タイプに沿った分だけ存在しています。

一つ目のタイプは「男性ホルモンの影響や遺伝、個人の体質」によるものであり、原因は男性ホルモンが関与している事が多いのが特徴です。
その為、治療法も原因である男性ホルモンを抑える為のプランが立てられ、男性ホルモンを抑える為の特殊な薬が投与される事になります。

二つ目のタイプは「生活環境の乱れによる血行不良やストレス」によるものであり、日々の生活の中に原因が潜んでいるタイプです。
このタイプの場合、その人の生活環境に問題がある事が原因となっている為、その問題を改善する為の指導を行いながら治療をしていく事になります。

そして最後の三つ目のタイプは、一つ目と二つ目のタイプが複合して起きてしまう最も厄介なタイプで、原因も一つ目と二つ目のものが複合している為数も多く対処も大変です。

このタイプのAGAを治療する為には、適切な薬剤の投与はもちろん生活環境の改善指導などやれる事は全部行う必要があり、専門の病院の力も借りる必要があります。

この記事のまとめ

このように、AGAにはその原因などによって大きく3つのタイプに分けられ、タイプによって適した治療を行う事が重要となってきます。

これからAGAの治療に臨む人は、ぜひ事前に各タイプの特徴と治療法について詳しく知っておいてください。